無料カウンター
無料@アクセスカウンター
近江八幡に次いで,今月2回目の5kmの大会です
(これで5kmはしばらくありません)。
場所は三重県津市。
風が寒かったのですが,天気はよく,コンディションは走りやすかったと思います
(ただし,最後の最後で向かい風が!)

前回から1回しか走っておらず,トレーニングという点ではできていないのですが,
前回がうまく行っているので,勢いで走ってみました。
が,実はこの直前にちょっと走ってしまい,ちょっと疲れを残したままスタートでした。

最初はゆっくり登って,途中から下り。
1kmのタイムを見ると4分28秒で,前回よりもだいぶ遅い。
それでもここからしばらく下りが続いたので,ペースアップ。
最後の1kmが下った後の上りで,ここで向かい風となりきつくなり脚が動かなくなりましたが,
ゴールしてみると,21分16秒
上り下りがあったことを考えると悪くなかったです。
ラップは,4.28-4.11-4.13-4.15-4.05
最後,ものすごくペースダウンしたつもりでしたが・・・・。

無料の豚汁もおいしく,満足した結果でした。
次はハーフマラソンですね。ここから2月に向けて距離を伸ばしていきます。
その前に練習不足を解消しないと。
1711hisai01.jpg



僕がよく走っていたのは2010年と2015年。
いずれも故障でトレーニングを止めてしまいましたが,
5kmでは20分台を記録しています。
年を取りましたが,それにも負けず,2018年も20分台を目標にしたいですね。
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0 | at 23:28
2017.11.17 ミス
人間,どうしても間違えることってのはありますね。
この前,大恥をかいたことについて。

ある問題について,適切な例題がない,と感じたため,
問題を作って用意して講義で出したのですね。
その直前に,似た問題を解説して,その直後,だったので,
それなりに解けるだろうと思って見回るのですが,
これが全然できていない。

うーん。そんなに教え方がまずかっただろうか,
それとも余程,人の話を聞いていないのだろうか,
と思いつつ,色々コメントしたりしながら回ったのですが,
どうにもできないので,では前で解説を,と思って解こうとしたそのとき!

「この問題解けないじゃない・・・」
と固まってしまいました。
そりゃー,みんな解けないわけだ。
解けない,というか意味不明だったのでしょう。
その間,5分程度でしょうか。
本当に申し訳ありませんでした。

そうなった理由は,事前に解いていたのですが,
「こうだろう」という思い込みがあったからですね。
落ち着くべし。
ただ,大切なのはその後で,次にどうするのか,ですね。
うまくいったかどうかは,僕には判断できませんが(^^;;

ただ,あまり人のことを悪く思ったり言ったりしてはいけませんね。
何かがうまくいかないとき,相手に非があれば自分は楽ですが,
たいていは,自分にも非があります。

昔,クレームの達人という人が,どのクレームにも理由がある,
というようなことを書いていましたが,
年をとると,昔のように,「若い人と共感しながら」講義をすることは
難しくなりますので,少しでも何か改善点を見つけないと,と思います。


今,忙しくてなかなか更新できないでいるのですが,
何とか更新再開していきたいと思っています。
(数学の解答はちょっとずつ掲載していますが)

また,公務員試験の話がほとんどありませんが,これもなにか。
今,技術系はすべきことをしなければいけないのですが,
自然科学について,ちょっとアイデアがあるので,
少しずつ何かやっていきたいなとか(優先度低いので多分2年以上かかる),
あと,いまの環境では動画は撮りがたいのですが,
せっかく優秀な動画ソフトがあるので,なにかはしたいですね。
Comment:0 | TrackBack:0 | at 11:18
最近,マラソンネタ,しかも自分が出たものばかりですね。
でも実は練習していないのですよ。
実際,今回も水戸のマラソンから,3kmを1回走っただけです。

というわけで,上記大会に出てきました。5kmの部門です。
非常にローカルな大会で,地元の小中生中心,最大距離10kmでした。
気温も下がっていて,少し寒さを感じていました。
人数が少ないので,スタート混雑はなかったのですが,
練習不足もあり,まあ22分半ほどを目指してスタートしました。

田んぼの中を走って行くのですが,
最初が下りに感じたことと,割と調子が良かったので
少し頑張ろうかな,と思っていると,なんと1kmが4分09秒。
これは速すぎる・・・と思ったのですが,なぜか周囲を抜かすことができるので,
無理しない範囲で頑張ることに。

3kmからきついかなあ,と思っていたのですが,
そんなこともなく,ラスト1kmまで来てしまったので,最後の1kmは全力で。
さすがにこれはきつかったのですが,もう1kmですからね。
そのままゴールしました。

記録は,21分00秒!
量は多くないとはいえ,継続的に練習していた春の大会よりだいぶ速いじゃない!
ペースは,4.09-4.19-4.24-4.17-3.48=21.00(端数があるのでちょうどではない)
特に最後の1kmは,ちょっと2年前でも出していないペース。
多分下りなのでしょうが(GPS時計だと1mの上昇とのことですが・・・)。
距離は大体合っているようですし,なんか,もしかして今しっかり練習すれば夢の19分台も?

とはいえ,5kmは次は来週で,その後は東京マラソン以降となります。
しばらくお預けですね。
でも,水戸を走った後,1週間くらいは実は脚に痛みがあったのですが,
それが治って以降は順調です。これからも頑張ります。


うーん,ネタはあるのですが,実際に訪問できないのですね。
こういうときは,他に忙しい要因があるときなので・・・
でも一応今日で終わりました。
もう少ししたら,公務員試験らしいことが書けるかも。
Comment:0 | TrackBack:0 | at 01:34
今月2回目のフルマラソンですよ~!(通算3回目)

台風の来る中,「水戸漫遊マラソン」に参加してきました。
フルマラソン!

当日朝はやや強めの雨。
しかも,少し寝冷えかなあ(前々日の夜だけど)という感じで
気乗りしない感じで会場入り。
狭い屋根の下に入って着替え(といってもジャージ脱ぐだけ)。
動いていないと寒い状況で,
ビニールポンチョを着ていたとはいえ,こりゃダメかも,
と思っていたら,隣の2人組の人が,
「いやー,いわきサンシャインマラソンの時は,
ゴール近く通ったから半分でリタイヤできたけどね。
今日は,行ったらゴール遠いからゴールまで行かないと」
とか言っていて,「・・・」

ゆっくり走るつもりで,スタートも(ブロック分けされた中で)最後尾からに。

スタートして見ると,地点から広い道が続き,しかも下り坂。
多分5kmくらいで,「4時間半」のペースメーカーのところを抜かしたので,
「せっかくだから4時間のペーサーを見に行こうか」
(新潟マラソンでは,4時間のペーサーより20kmまで2分先行していました),
とちょっとペースアップ。
8km手前の第1折り返しで探すと,4時間のペーサーからは1分半ビハインド。
ここからさらに頑張ると15kmで追いつきました。
この頃になると雨も小降りとなり,体調が悪いのも吹っ飛び,
むしろ「いいのでは?」と思うほど快調に。
追いついてからはペーサーについていくことに。
1kmで20秒ラップを落とすことになったので,むしろ楽に。
過去2回は,25kmで苦しくなったので,30kmまでペーサーにつくと決意。
そこからしばらくはだいぶ楽になりました。

20km前後の跨線橋が狭いため,一度前に出ると,一度は追いつかれるものの,
人も多くなったため,先行することに(多分10秒ほど)。
25kmまでは順調そのものだったのですが,27kmを過ぎてからは
かなり苦しくなり,29kmからはついに脚が売り切れ状態に(T T)
それでも30kmまでは頑張りペースを保ったところで,以降はおしまい,となりました。
おしまい,と言っても,リタイアではなく,歩いたり走ったり。
それでも30kmを走りきったのは初めてでした。

ペースダウンのせいか,25kmからは雨も強くなり(風が強くならなかったのはラッキー),
特にラスト2kmがきつかったですが,何とかゴールしました。

タイムは4時間14分34秒
これも自己ベストなのですが,今回は後ろからのスタートでした。
ネットタイム(スタート地点通過後のタイムで,実経過時間)では,4時間9分21秒
お!サブ4もうすぐではないですか!

5kmごとのタイムは,ネットで
27.44-25.55-26.19-27.15-27.35-27.30-33.55-36.24-16.44
30kmまで27分半/5kmを守っていて,わかりやすい。
そこから30分/5kmのペースで行ければ,最後15分かかったとしても,
サブ4になるのですね。
なるほど,ようやくフルマラソンで狙うべきペースが分かった気がしました。

今回のコースは,全体的に平坦な上,一番キツイ33km-38kmで
仙波湖一周半するのが,見通しが良く励まされました
(今回はダメでしたが)。
その後39kmまで登っても再び下り,最後のみキツイ上りがありますが,
全体的に,とても走りやすいと思いました。
唯一苦しいのは,21kmの跨線橋のキツイ上り下りですかね。。。
跨線橋登って下って,すぐ折り返して,また登って下ってですから,
あそこなくして,もっと走りやすくできるでしょうに(^^;;

最後に,今回3回目で初めてメダルをもらえました。
とても嬉しかったです。
1710mito.jpg

次回のフルマラソンは,今度こそ2月の東京マラソンです。
よし,頑張るぞ!
Comment:0 | TrackBack:0 | at 10:24
2017.10.23 大雨警報
台風が(東日本までは)通過していきました。
通過した後の今日も,鉄道には大きな影響があり,
僕の予定にも影響が出ました。

記録的大雨だったのにもかかわらず,
これだけの被害で済んでいるのは,
それを守る仕組みを作ってくれている人がいて,
逆に,これだけの被害が出たのは,
まだまだ足りないところがあるからでしょう。

それはともかくとして,
今回の大雨の中で,興味深いことがおきました。

台風の接近に伴い,もちろん数多くの警報が出されたのですが,
滋賀県の大雨警報が奇妙だったのです。
つまり,ほぼ全県で大雨警報が出されていたのですが,
「守山市」と「豊郷町」のみしばらく大雨警報が出されず
大雨注意報にとどまっていたのです。
この2つの自治体は,滋賀県の端ではなく,むしろ中央ですし,
全く接していません。

市町村地図をどうぞ


なぜでしょうか?

もちろん理由があります。
ちょっと調べてみればわかることです。

大雨警報には2種類の基準があるのです。
1つは「表面雨量指数」に基づく「浸水害」の基準,
もう1つは「土壌雨量指数」に基づく「土砂災害」の基準です。
大雨警報の基準は公表されており,
滋賀県の場合,ここで見ることができます
すると,守山市と豊郷町には,浸水害の基準はあるのですが,
土砂災害の基準はないことがわかります。

つまり,滋賀県でいち早く出たのは,土砂災害の基準に基づく大雨警報で,
それがなかった2自治体のみ注意報だった,と類推できます。
もうちょっと突き詰めれば,土砂災害の危険性が少ない,ということは,
平地ばかりで,山がほとんどない(あるいは全くない)自治体だから,
ということになるでしょうか。

ちょっとしたことに疑問を持つことが1つ。
そしたら,ちょっとだけ手間を惜しんで調べることがもう1つ。
それだけでずいぶん知識も広がるものです。
近年,調べもしないのに,想像だけの批判が多いように思われます。
仕方のない場合もあるでしょうが,気をつけたいところです。

なお,もちろんその後,2自治体にも,大雨警報が発令されました。

次の熱帯低気圧・・・米軍予報では日本直撃。
気象庁の数値予報は日本から外れていましたが,
避けてもらいたいものです。
Comment:0 | TrackBack:0 | at 17:03